ウサギを暖かく保つ方法

冬の間、ウサギを安全に暖かく保つことが重要です。 寒い天候は、風邪や呼吸器感染症などの健康上の問題を引き起こす可能性があります。 あなたはあなたのウサギのために暖かい環境を作るように努力し、彼が十分な水と運動を得ることを確認する必要があります。 怪我や事故を防ぐために、電子毛布を避けるなど、特定の予防策を講じてください。

暖かい環境を作る

暖かい環境を作る
ウサギの小屋を調整します。 冬の間、ウサギは暖かく過ごす必要があります。 あなたはそれがあなたのウサギにとってもてなしになることを確実にするために彼の小屋に特定の調整をする必要があるでしょう。
  • 可能であれば、ハッチを暖かい場所に移動するだけで簡単に調整できます。 屋内または暖房付きのガレージに持ち込める場合、これは理想的です。[1] X研究ソース
  • ハッチの壁に隙間がないか確認してください。 雨やその他の気象条件によってハッチが摩耗することは珍しくありません。 木材は古くて腐っていることもあります。 損傷がある場合は、ウサギに安全な木材保護コーティングを適用します。 ハッチを新聞紙で裏打ちして、冷たい空気が隙間から入るのを防ぐこともできます。[2] X研究ソース
  • ウサギの小屋にメッシュのドアがある場合は、透明なラップで覆います。 これにより、空気が入るのを防ぎながら、ウサギがハッチのドアから透けて見えるようになります。 ただし、適切な換気のために、下部に向かって小さな隙間を空けておきます。[3] X研究ソース
暖かい環境を作る
ハッチを断熱します。 冬の間、ウサギの小屋を断熱したいとします。 これを行うには、屋根の上に新聞紙と暖かい毛布を置きます。 次に、屋外の防水シートで覆います。 これは熱を閉じ込め、小屋を十分に暖かく保つだけでなく、ウサギに雪や雨が降るのを防ぎます。 [4]
暖かい環境を作る
暖かいベッドを提供します。 ウサギは一年中暖かいベッドを必要としますが、特に冬はそうです。 うさぎの小屋には、うさぎが登り降りできる入口のある箱が必要です。 ウサギのベッドはペットショップまたはオンラインで購入できます。 段ボール箱から自分で作ることもできます。
  • 冬の間は、ウサギのベッドの床と壁に新聞を並べます。 これは、ベッドを断熱し、ウサギを暖かく保つのに役立ちます。 X研究ソース
  • スリーピングエリアに寝具をたくさん敷きます。 ほこりのない干し草を寝具として使用できます。 ウサギにベッドで毛布を与えないでください。 ウサギは毛布を噛んで、腸閉塞を引き起こす可能性があります。
暖かい環境を作る
わらを追加します。 ウサギを暖かく保つために、わらは最高の材料の1つです。 ケージ全体にわらを置きます。 わらを小屋の端に向けて詰め、断熱材を追加し、ウサギの寝室の中に少しのわらを置きます。 ストローは数日ごとに交換してください。 ウサギはわらの上で排尿する可能性があり、湿らせた素材でウサギを眠らせたくありません。 [6]

ウサギのお手入れ

ウサギのお手入れ
水のボトルとボウルが凍結しないことを確認してください。 冬の間は、ウォーターボウルとウォーターボウルが凍結する可能性があります。 これにより、ウサギは水なしで去ることができ、冬でも必要です。
  • 水のボトルとボウルを1日に数回チェックします。 凍結した場合は、速やかに交換してください。[7] X研究ソース
  • 水のボトルを断熱することで、凍結のリスクを減らすことができます。 古いタオルで水筒を包むことができます。 冬用に設計されたウォーターボトルを購入することもできます。このボトルは、保温性の高い素材で包まれています。[8] X研究ソース
  • 予備のボトルをたくさん用意してください。 特にペットボトルは、冬季に割れることがあります。 ウサギがボトルを壊してしまった場合に、ウサギに水なしでいられないようにしてください。[9] X研究ソース
ウサギのお手入れ
雪の中で遊ぶウサギは乾かしてください。 ウサギが屋外で遊ぶことがあると、雪に濡れることがあります。 ウサギを小屋に戻す前に、ウサギを乾かしてください。 ウサギをタオルで乾かします。 まだ濡れている場合は、室内で暖まります。 室内で自然乾燥させます。 ヒーターで乾燥させないでください。 [10]
ウサギのお手入れ
ウサギはペアで飼ってください。 ウサギが複数いる場合は、冬の間はウサギをペアで飼うようにしてください。 これは社会化を提供し、ウサギを暖かく保つのに役立ちます。 ウサギは冬の間、暑さのために互いに寄り添うことができます。 [11]
  • ウサギを紹介したことがない場合は、冬の前に紹介プロセスを時間を取ってください。 うさぎ同士が仲良くなるまでしばらく時間がかかる場合があります。 自宅の部屋のように、ニュートラルスペースで最初の紹介をします。 ウサギは縄張りであり、すぐに一緒にケージに投げ込むことは災害になる可能性があります。[12] X研究ソース
  • 20分ごとにウサギを紹介します。 戦闘の場合は、それらを分けて、1時間ほど後にもう一度やり直してください。 ウォーターボトルを使用して、戦闘を分割できます。[13] X研究ソース
  • 彼らが相互作用していないとき、あなたのウサギはお互いにアイコンタクトを保つ。 ニュートラルな空間でお互いに心地よく見えたら、短時間一緒にケージに入れてみることができます。 最終的には、ウサギを長期間同じケージに移動できるはずです。
  • 一部のウサギは、最善を尽くしてもうまくいかない場合があります。 あなたのウサギが絶えず戦い続けるなら、それらを一緒にケージに入れない方が良いです。 ウサギが攻撃的または縄張りになると、お互いに怪我をする可能性があります。[14] X研究ソース
ウサギのお手入れ
寒い月は定期的にケージを掃除してください。 温度が下がるにつれて、定期的にウサギのケージを掃除してください。 尿は寝具、わら、干し草を湿らせ、さらには凍結させることもあります。 これは、適切に処理されない場合、健康上の問題を引き起こす可能性があります。 毎日、ウサギのケージから尿の固まりを取り除き、寝具の領域に特に注意してください。 [15]

予防策を講じる

予防策を講じる
加熱毛布に注意してください。 多くのペットショップは、冬の間ウサギを暖かく保つための加熱毛布を販売しています。 これらを使用する場合は、細心の注意を払ってください。 電子毛布を使ってウサギを監視されないままにしないでください。 ウサギがコードを噛んだ場合、感電の危険があります。 また、干し草、新聞、または可燃性物質の近くに放置すると、火災を引き起こす可能性があります。 [16]
予防策を講じる
ウサギは室内で飼ってください。 赤ちゃんウサギの体温は、約100°F(38°C)である必要があります。 冬の間、ウサギの赤ちゃんを外で十分に暖かく保つことはほとんど不可能です。 赤ちゃんがいる場合は、安全のために赤ちゃんを中に入れておく必要があります。 [17]
  • ウサギの人生の最初の10日間は特に重要です。 気温が50度未満の場合、ウサギが生き残るのに十分なほど暖かく保つのは非常に困難です。[18] X研究ソース
  • 冬の間にウサギを繁殖させることは悪い考えです。 しかし、もしあなたのウサギが冬の間に赤ちゃんを産むことになったならば、あなたは母親と赤ちゃんを屋内に連れて行くべきです[19]。 X研究ソース
予防策を講じる
あなたのウサギが冬に運動することを確認してください。 ウサギは野生では冬眠しません。 冬の間の非活動期間は彼らにとって自然ではありません。 したがって、冬でもウサギが運動できるようにするための対策を講じる必要があります。
  • ウサギを中に入れて遊ぶことを検討してください。 これは彼のコートが雪で濡れることを防ぎます。 家にウサギのいる部屋がある場合は、週に数回ウサギを室内に連れてきて、走らせたり遊んだりします。[20] X研究ソース
  • ただし、ウサギが室内で長時間過ごさないように注意してください。 ウサギは冬に厚いコートを作り、寒さから守ります。 屋外のバニーが室内で過ごす時間が長すぎると、上着を失う可能性があります。 これにより、彼はさまざまな健康問題のリスクにさらされます。 X研究ソース
予防策を講じる
健康上の問題の兆候に注意してください。 適切な予防策を講じれば、うさぎは冬の間、安全で健康でなければなりません。 ただし、健康上の問題の兆候に注意してください。 あなたのウサギが風邪や呼吸器系の問題を抱えている場合、彼は獣医によって評価され、屋内に置かれるべきです。 次の点に注意してください。
  • 鼻からの排出
  • 鼻周りの汚れの様子
  • 目からの分泌物
  • 大きな呼吸[22] X研究ソース
私はいつも、削りくずやわらの代わりに毛布を使用してきました。湿った削りくずやわらの中を歩き回ったり歩き回ったりすると足に害を及ぼすと言われたからです。 では、バニーを暖かくするにはどうすればよいですか?
ウサギの寝具エリアのわらや削りくずを毎日清潔に保ち、暖かく保つために交換する必要があります。 あなたがこれをする限り、彼らはうまくいくはずです。
冬の間にうさぎが病気になった場合、冬のコートを失う可能性がありますが、家で飼うべきですか?
はい、間違いなく。 よくブラシをかけ、口の中に毛玉がないことを確認してください。
私は広がるイチイの下にウサギを見つけました。 彼は朝出てきて、後で撤退します。 私は彼のために何ができますか? 雪または氷点下の気温になっています。
風邪は彼にとって危険だ。 ペットキャリアまたはニンジンまたはバナナ(または両方)を餌とするクレートに彼を誘惑してみてください(ただし、多すぎるとウサギが病気になる可能性があるため、少量を使用してください)。 長いひもをキャリアまたはクレートのドアに結び、彼が中に入ると、それを引いて閉じます。 また、彼に会ったときに彼の周りにワイヤーの子犬用のプレイペンを置くこともできます。 そうすれば、彼を運送業者に促すほうが簡単でしょう。 彼を捕まえることができない場合は、お住まいの地域で「ウサギレスキューグループ」を検索し、捕まえるのに役立つかどうか尋ねてください。 彼を捕まえた場合は、新鮮なチモシー干し草と水を彼に提供し、次に何をすべきかについて、最寄りのウサギレスキューグループに連絡してください。
インドアバニーはどうしたらいいですか? ケージを保温しておくべきですか? 私のウサギは私の地下室にあり、冬には冷えます。
ウサギは、氷点下から華氏-15度までの温度を簡単に処理できます。 地下室の温度がウサギに害を及ぼすことはまずありません。
害を及ぼさないように、冬の間ずっと保温するにはどうしたらいいですか? 冬は部屋が冷えてきて、体調に悪影響を及ぼすのではないかと心配しています。
ケージが十分に絶縁されていることを確認してください。 寝具を上に置く前に、底を新聞で裏打ちします。 通常よりも寝具を追加します。 通常の寝具の上にストローを追加すると役立ちます。
私のウサギはガレージにあり、床はセメントですが、冬の間はガレージのドアを頻繁に開けません。彼女は地面に干し草を持っています。大丈夫ですか?
彼女は元気で、干し草とわらがたくさんあることを確認し、古いクッション、タオル、毛布を置いたり、寄り添ったりすることもできます。
冬の間、ウサギのウォーターボトルでボールが凍結しないようにするにはどうすればよいですか?
私は通常、ウサギのウォーターボトルをいっぱいにする前に、しばらく熱湯の下で実行します。 しばらくフリーズします。 それ以外は、毎日水を交換し、ウサギが暖かい環境にいることを確認してください。
ウサギがタイル張りの床のガレージにいるとどうなりますか?
彼らが掘るために干し草とわらをたっぷりと入れるか、床を覆う毛布かタオルを入れて、寒さを取り除きます。 彼らは暖かく滞在するのに十分な材料を持っている場合、それらは大丈夫です。
鶏は低温で生き残ることができますか?
いいえ、鶏は寒さに全く順応しません。 寒い季節には室内に保管する必要があります。
私はうさぎを一匹(8週齢)しか飼っていません。 彼にヒートパックや湯たんぽを与えるのは安全ですか?
赤ちゃんウサギは人間の赤ちゃんと同じように敏感です。 暑すぎるかどうかをテストする1つの方法は、肘の内側に当てることです。 暑すぎると、うさぎにとっては暑すぎます。 別の加熱方法があります。ライスバッグを温かく(熱くない)まで電子レンジで温め、ウサギの生活空間に入れます。
asopazco.net © 2020